パール一連ネックレスをロングネックレスに

パールの一連ネックレスは、冠婚葬祭用に1本は必要なものですね。

20代の頃に購入した一連ネックレスのパールは、若い頃にはちょうど良い大きさだったりちょうど良い色だったりしても、年齢を重ねるとやはり年齢相応の大きさのパール一連ネックレスが欲しくなるものです。

そうすると、若い頃に購入した一連ネックレスは使わずにしまい続けることに。

また、ご祖母様やお母様の形見などで受け取ったパールの一連ネックレスは、大事にしたい気持ちはあっても古くてなかなかそのまま着ける場面がないまま、しまいっぱなしということはありませんか?

パールは日本人の肌を一番美しく見せる石と言われています。

少し手を加えることで、普段使いからきちんとしたお席まで、幅広いシーンで使えるパールジュエリーに生まれ変わります。



18金チェーンで等間隔にパールを繋げることで、元の42cmのネックレスは80cmになります。



80cmは頭からかぶれる長さですので、着脱はとても簡単。

一連ネックレスだとかしこまりすぎると感じる方も多いかと思いますが、ロングネックレスになるとつけていくシーンが大幅に増えます。

普段のファッションをワンランククラスアップしてくれるネックレスです。

クラスプがありますので二重にしてつけることもでき、首元が一層華やぎます。



使わずにしまっていた古い一連ネックレスも、まったく新しい顔になって活躍してくれることでしょう。

パールを普段使いしている女性は、とても素敵です。

※基本的には、本真珠の一連ネックレスが対象となります。
ビーズパールは貫通穴が大きく、パールを等間隔で留めるこの手法に適さないためです。
一部、精巧に作られたイミテーションパールは、貫通穴が本真珠と同じく小さいものもありますので、実物を拝見させていただいてから、加工可能かどうかのお返事を致します。

  • 49,500円(税4,500円)
地金